メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無差別テロを忘れないために 実話をベースにした映画「ホテル・ムンバイ」 アンソニー・マラス監督インタビュー

「ホテル・ムンバイ」の一場面=GAGA提供

 2008年11月にインドで起きた「ムンバイ同時多発テロ」でターゲットの一つとなった五つ星の「タージマハル・パレス・ホテル」。500人以上がホテルに閉じ込められる中、自らの命を危険にさらして宿泊客を守った従業員がいた。この実話をもとに映画化した「ホテル・ムンバイ」(18年)は、リアリティーを追求した演出と緻密に練られたストーリーで、全編に緊張感がみなぎるヒューマンドラマだ。長編映画初監督となるオーストラリア人のアンソニー・マラスさんは「国籍も宗教も文化も違う人々が団結して最悪な状況を乗り越えた。この事実を映画で伝え、後世にも残したかった」という。【西田佐保子】

この記事は有料記事です。

残り2300文字(全文2583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです