メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

鼎談 東アジアの現在(詳報) 評者・三浦雅士、佐藤優、岡本隆司

(左から)佐藤優さん、岡本隆司さん、三浦雅士さん=東京都千代田区で、山口敦雄撮影

 「東アジアの現在」をテーマに、評論家の三浦雅士氏、作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏、近代アジア史が専門の京都府立大学教授の岡本隆司氏の3人が、お勧めの本を持ち寄り書評し合った。それぞれの選書は、三浦氏が、小泉悠著「『帝国』ロシアの地政学 『勢力圏』で読むユーラシア戦略」(東京堂出版)▽佐藤氏が、牧野愛博著「ルポ『断絶』の日韓 なぜここまで分かり合えないのか」(朝日新書)▽岡本氏が、梶谷懐・高口康太著「幸福な監視国家・中国」(NHK出版新書)。9月29日付本紙朝刊紙面の書評欄「今週の本棚」で紹介しきれなかった議論の詳細をお伝えする。【構成・大井浩一、出水奈美、山口敦雄】

①小泉悠著「『帝国』ロシアの地政学 『勢力圏』で読むユーラシア戦略」(東京堂出版)

 三浦 ロシアに「主権」という観点から光を当てた本だ。タイトルに地政学とあるが、主権論と言ったほうが良い。主権なくして地政は見えない。ロシアは日本もドイツも軍事決定権はアメリカにあるのだから主権国家ではないと考えているというのだ。岡本さんの「属国と自主のあいだ」はいまこそ読まれるべき優れた韓国論だが、その観点で日本を見ているようなもの。佐藤さんがよく言っているように、ロシアが緩衝地帯を設けたがる理…

この記事は有料記事です。

残り9025文字(全文9555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Go To延期「全く考えず」 菅長官「感染防止と経済活動の両立が大事」

  2. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです