メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勧酒詩選

縄文人は酒を飲んだのか?

【写真1】半人半蛙文有孔鍔付土器(国重文)=長野県富士見町の藤内遺跡出土/同町の井戸尻考古館蔵

 縄文文化に限りない情愛を注いだ宗左近氏の詩集「縄文連禱」に、「祭り」という詩がある。縄文時代の「司祭」が、周囲の人びとに語るというスタイルの詩。

 こんな詩句が連なっている。 

        ◇       ◇

祭りとは

去っていった死者を呼び戻すこと

  

祭りとは

未来の火で過去を燃やすこと

  

祭りとは

あの世とこの世を入れかえること

この記事は有料記事です。

残り2706文字(全文2870文字)

伊藤和史

1983年入社。岐阜支局、中部報道部、東京地方部、東京学芸部、オピニオングループなどを経て、2019年5月から東京学芸部。旧石器発掘捏造(ねつぞう)事件(2000年)以降、歴史や文化財を中心に取材

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです