メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西武、打撃タイトル総なめ確実に 打撃5部門5選手獲得ならプロ野球史上初(スポニチ)

[PR]

パ・リーグ 西武1−7楽天(2019年9月26日 楽天生命パーク)

 獅子おどし打線が打撃タイトルを総なめだ。西武はリーグ連覇達成から2日後のシーズン最終戦、秋山、山川らがスタメン出場。ともに無安打ながら、秋山の最多安打、山川の本塁打王のタイトル獲得は確実だ。

     首位打者の森は2位・吉田正(オリックス)に5厘差をつけ、中村は打点王が当確。3打点差で追いつけなかった山川は「悔しいけど自分の実力。手は抜いていないし、仕方がない」。金子侑の盗塁王と合わせ、打撃5部門を5選手が獲得すればプロ野球史上初の快挙。辻監督は「100打点も3人いる。それだけ優れた選手が多いということ」と話した。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

    2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

    3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

    4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

    5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです