メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月から二つの税率に対応するため、レジを製造する会社では全国のスーパーなどから注文が急増し、工場では出荷を待つレジが並ぶ=岩手県奥州市で2019年9月5日、佐々木順一撮影

 来月からの消費税増税を前に、店舗で会計する際の複数税率計算に対応したレジの生産が進んでいる。岩手県奥州市で業務用機械器具を製造する「デジアイズ」の生産工場では、レジの組み立てや設定作業が行われ、出荷前の真新しいレジが数多く並ぶ。

 消費税が10%に引き上げられる今回の増税では、飲食料品など生活必需品の税率を8%に据え置く軽減税率が初めて導入されるため税率が二つになり、その線引きも複雑だ。同じ売り場に並…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. ORICON NEWS ラルク、全436曲&全MV51本をサブスク解禁 インスタも開設

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです