メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

2020東京へ 新体操日本代表 あうんの呼吸育む妖精の家 年350日一緒「団結力世界一」

バクーから帰国し、メダルを手に笑顔を見せる新体操日本代表の(左から)熨斗谷さくら、竹中七海、松原梨恵、杉本早裕吏、鈴木歩佳、横田葵子=千葉県成田市の成田空港で2019年9月24日午前11時33分、吉田航太撮影

 新体操の世界選手権(バクー)で、日本代表「フェアリージャパンPOLA」が五輪種目の団体総合で44年ぶりの銀メダルを獲得した。ルール改正に伴い高難度の技で争われる中、年間350日の共同生活で育んだ「あうんの呼吸」が生きた。弾みをつけた妖精(フェアリー)たち。28日で開幕まで300日に迫った東京五輪で個人、団体通じて日本勢五輪史上初のメダル獲得を狙う。【円谷美晶】

 5人の動きがそろったターン、足や背面での手具のキャッチなどを息つく間もなく繰り出した。21日の団体…

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1159文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです