メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

2020東京へ 新体操日本代表 あうんの呼吸育む妖精の家 年350日一緒「団結力世界一」

バクーから帰国し、メダルを手に笑顔を見せる新体操日本代表の(左から)熨斗谷さくら、竹中七海、松原梨恵、杉本早裕吏、鈴木歩佳、横田葵子=千葉県成田市の成田空港で2019年9月24日午前11時33分、吉田航太撮影

 新体操の世界選手権(バクー)で、日本代表「フェアリージャパンPOLA」が五輪種目の団体総合で44年ぶりの銀メダルを獲得した。ルール改正に伴い高難度の技で争われる中、年間350日の共同生活で育んだ「あうんの呼吸」が生きた。弾みをつけた妖精(フェアリー)たち。28日で開幕まで300日に迫った東京五輪で個人、団体通じて日本勢五輪史上初のメダル獲得を狙う。【円谷美晶】

 5人の動きがそろったターン、足や背面での手具のキャッチなどを息つく間もなく繰り出した。21日の団体総合で「フープ・クラブ」と「ボール」の各2分半、複雑な連係技を大きなミスなく演じた。東西冷戦下の1975年大会の銀メダルは、当時のソ連やブルガリアなどの強豪がボイコットしていただけに同じ過去最高の銀メダルでも輝きが違う。五輪で実施されない種目別でもボールで団体初の金、フープ・クラブで銀メダルという快…

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1159文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです