メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・ライブ

MISIA ソウルジャズで快適な汗

 <楽庫(らっこ)>

 クラシックのコンサートは大概、身動きも取れず、脳ばかりグルグル動いて、どうも冷や汗をかいたような疲労感がよろしくない。スタンディングのロックやヒップホップは、音が大きくノイジーのうえ、そもそも立っているのだからクタクタである。その点、MISIAのコンサートは、座っていても、うまいトレーナーと一緒にエクササイズしたようなご機嫌な疲れを満喫できる。特にこの「SOUL JAZZ」シリーズのような、やや小ぶりの会場でジャズコンボをバックにするくらいが、すべてに快適である。

 この「SOUL JAZZ」は、奇才のトランぺッター、黒田卓也率いる3管+リズムセクションというコン…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです