メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

「凪のお暇」 「空気」よりも自分らしさを=碓井広義

 夏クールのドラマが終了した。今期の特色は漫画を原作とした作品が多かったことである。上野樹里「監察医 朝顔」(フジテレビ系)▽石原さとみ「Heaven?」(TBS系)▽杏「偽装不倫」(日本テレビ系)▽黒木華「凪(なぎ)のお暇(いとま)」(TBS系)――などだ。

 ヒロインたちの年齢は30歳前後、いわゆるアラサー女子であることも共通していた。ただし「凪のお暇」の主人公、大島凪だけは異色だ。突然会社を辞めてしまい、無職。しかも理由は、「空気」を読むことに疲れ切ったからだ。

 同僚のミスを押し付けられても空気が悪くなるからと文句が言えない。また、彼女たちとのランチでも話を合…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1059文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  5. 新潟女性殺害で25歳男を指名手配 刃物で突き刺した殺人の疑い 県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです