メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラソン 記録跳ねるピンク靴 厚底と炭素繊維、ふんわりと MGC、際立つ着用率

37キロ付近で先頭を走っていた設楽悠太(手前左)に追いつく優勝の中村匠吾(右から2人目)ら=東京都内で2019年9月15日午前10時47分(代表撮影)

 15日にあった東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」で、選手たちの「足元」に注目が集まった。多くの選手が同じピンク色のシューズを着用していたからだ。あれは一体何だ?【川崎桂吾】

 注目のシューズは、ナイキの「ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%」。いわゆる「厚底」の最新モデルだ。MGCでは男子の出場選手30人中16人が着用。2時間11分28秒で優勝した中村匠吾(富士通)をはじめ、代表権を得た男女4人のうち3人が履いていた。

 マラソンでは足の力が地面に伝わりやすい「薄底」が常識だった。厚底はクッション性に優れているが、スピードには欠けるとされてきたためだ。しかし2016年のリオデジャネイロ五輪で、同社の厚底シューズの試作品を履いた選手が男女マラソンのメダル全6個中5個を獲得したあたりから、流れが変わった。

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1358文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです