メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土曜さろん

こちらネット相談室 多彩な展開、通信ツール 若年層に浸透、メッセージアプリ SMSの「スミッシング」に注意

スマホ決済サービス「PayPay」をかたるスミッシング。PayPayは「開かずに削除を」と注意喚起している。10月からの消費税増税のキャッシュレス決済優遇措置により、これらの詐欺が増えると考えられる

 コミュニケーションツールには「電子メール」、無料通信アプリ「LINE」などの「メッセージアプリ」、携帯電話間でやりとりする「SMS(ショート・メッセージ・サービス)」がある。特徴や注意点を整理してみた。【高橋望】

 電子メールは、件名と本文に分かれ、本文にあいさつ文を入れるなどのスタイルがある。アドレスは、本人の了解なしに業者が不正に収集、販売する実態もあり、迷惑メール(SPAM)が大量に届くのが悩みの種だ。

 NTTドコモなど移動体通信事業者(通信キャリア)が携帯電話向けに提供する電子メール(○○@docomo.ne.jpなど)は、「キャリアメール」と呼ばれ、やはりSPAMが数多く送信される。対策にパソコンから送られたメールを受け付けない設定になっていることが多い。だが、SPAMは防げる半面、大事なメールを受信できない場合もある。そんな時は「受信拒否設定」の解除を。

この記事は有料記事です。

残り968文字(全文1356文字)

高橋望

1991年入社。パソコン通信(NIFTY-Serve、PC-VAN~草の根アングラネットなど)からのネットワーカー。主にIT関係の記事-セキュリティ、面白ベンチャー・サービス、ガジェットなどなど-を書いてきました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです