メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公的病院再編  県内19機関対象 「実態分かってない」自治体、困惑や憤り /宮城

 厚生労働省が26日に発表した病床数削減を目的にした「再編・統合の議論が必要な病院」に、県内では19の医療機関が対象とされた。全国の都道府県で3番目に多い。厚労省の発表を受けて、県内の自治体では困惑や憤りが広がった。

 涌谷町の遠藤釈雄町長は毎日新聞の取材に、町立の国民健康保険病院が指定されたことについて「実態が分かっていない。(国の)医療費抑制ありきだ」と批判。「地方にいても受けられる一定以上の(水準の)医療」の在り方を第一に考えるべきだと強調した。

 同町は今年1月、「財政非常事態宣言」を出した。昨年度の企業会計の赤字が約1億6100万円に達した病…

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 座間事件 「後悔はある。もっと遊びたかった」 9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  4. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  5. 富山・クマの人身被害、5日連続 ラジオ体操帰りの3人重軽傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです