メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本とメキシコ、友好象徴の記念碑 大多喜町、来月12日除幕 両国作家が共同制作 /千葉

作家を招いた交流会で地元の子どもたちにお披露目された友好記念碑=千葉県大喜多町で

 メキシコと友好関係にある大多喜町は、友好の象徴として両国の作家が制作した記念碑を設置した。来月12日に除幕される。

 410年前、フィリピンからメキシコに戻る途中で嵐に遭い、大多喜城下だった御宿町の沖で座礁したスペイン船の船乗りたちを村人が助け、食事を与えてもてなしたことが縁で今も交流が続いている。1978年にメキシコ大統領が町を訪れたのを記念した塔が老朽化したため、新たなモニュメントとして町…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです