日本とメキシコ、友好象徴の記念碑 大多喜町、来月12日除幕 両国作家が共同制作 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
作家を招いた交流会で地元の子どもたちにお披露目された友好記念碑=千葉県大喜多町で
作家を招いた交流会で地元の子どもたちにお披露目された友好記念碑=千葉県大喜多町で

 メキシコと友好関係にある大多喜町は、友好の象徴として両国の作家が制作した記念碑を設置した。来月12日に除幕される。

 410年前、フィリピンからメキシコに戻る途中で嵐に遭い、大多喜城下だった御宿町の沖で座礁したスペイン船の船乗りたちを村人が助け、食事を与えてもてなしたことが縁で今も交流が続いている。1978年にメキシコ大統領が町を訪れたのを記念した塔が老朽化したため、新たなモニュメントとして町…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

あわせて読みたい

注目の特集