連載

路上のまなざし

毎日新聞デジタルの「路上のまなざし」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

路上のまなざし

マンモス団地・高島平/7止 食堂で元気もらう /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
高島平団地のみんなの食堂で、みんなで食卓を囲むひと時
高島平団地のみんなの食堂で、みんなで食卓を囲むひと時

 人には、居場所が必要だ。ありのままで居られるひと時とともに……。

 東京都板橋区内の高島平団地の1階に、NPO法人ドリームタウンが運営する「地域リビング プラスワン」がある。4年前にオープンした「みんなの食堂」である。

 平日の昼は「おうちごはん」と命名した昼食を、火・木・金の夜は夕食の「おかえりごはん」を提供している。食事代は、夕食が大人1人か親子1組で500円、子どもだけだと100円だ。

 60人ほどのボランティアが交代で腕を振るう料理には、その日の料理担当の名が付いている。かつて、屋台を引いていた82歳の「よっちゃんラーメン」に、若年性認知症で引きこもっていた53歳の「ひろちゃんのトマト煮込みハンバーグ」。23歳の中国人留学生の「玲ちゃんの酢豚」もある。

この記事は有料記事です。

残り1267文字(全文1599文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集