メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・くつろぎの宿

福住楼/上 文豪らが愛した情緒 遊び心ある数寄屋造り /東京

再開業時につけられたという唐破風のある玄関と4代目の澤村恭正社長=神奈川県箱根町塔之澤の福住楼で

 ◆福住楼 神奈川県箱根町塔之澤74

 小田原から箱根登山鉄道に乗り換え箱根湯本駅で降りる。国道1号を早川の上流方面に15分ほど歩く。千歳(ちとせ)橋をわたると、唐破風(からはふ)のある玄関が見えてきた。1890(明治23)年の創業当時はさらに上流の方で営業していたらしい。だが、1910(同43)年8月の大洪水で建物もすべて流され、同年の大みそかに現在の地で営業を再開したという。1世紀を超える数寄屋造りの建物は登録有形文化財にも指定されている。

 木造3階建てで、客室数は17部屋と多くない。室内を案内してくれた4代目の澤村恭正社長(78)が言う…

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  5. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです