メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不自由展実行委、審尋で再開打診 来月1日から /愛知

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(10月14日まで)の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で、不自由展の実行委員会が展示再開を芸術祭実行委に求めた仮処分の審尋が27日、名古屋地裁(片田信宏裁判長)であった。不自由展実行委側は10月1日からの再開を打診した。次回審尋は30日。

 審尋は非公開で、不自由展実行委側代理人弁…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. “下町リチウムイオン電池” 「おもろそうや」と無名時代の吉野さん支えた製作所

  4. 被告、声を詰まらせ謝罪 遺族は厳しい視線 「全く伝わらなかった」 大津園児死傷事故・被告人質問

  5. 「怒りどこにやったら…」被害者遺族が陳述 大津園児死傷事故、被告に禁錮5年6月求刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです