メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費税10% 生活どう変わる

県内、駆け込み需要一部で 家具や化粧品、売り上げ増 「むしろ節約」の慎重派も /奈良

駆け込み需要が起き、売り上げが好調な近鉄百貨店奈良店の化粧品売り場=奈良市西大寺東町2で、加藤佑輔撮影

 10月1日から消費税率が10%に引き上げられる。県内の百貨店などでは一部商品で駆け込み需要がみられ、売り込みに力を入れる。一方、2014年の8%への増税前と比べると客の動きが鈍いとの声もあり、「ポイント還元制度があるので焦らなくてよい」「増税後を考え、節約をしておきたい」などの消費者心理も見えてくる。【加藤佑輔】

 近鉄百貨店奈良店(奈良市)は、8月29日から6日間、ソファやベッドなど家具の販売会を開催した。手ごろなものから百数十万円の高級家具までをそろえ、売り上げは前年販売会の2・2倍だった。同社広報部は「高額品は増税の影響が大きいので、欲しいものを今買おうと決断されたのでは」と分析する。

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1045文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

  5. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです