メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

後醍醐天皇の遺徳しのぶ 「地下」子孫ら、吉野・如意輪寺で法要 /奈良

宣疏(せんしょ)を読み上げる如意輪寺の加島公信住職(右手前)=吉野町で、萱原健一撮影

 後醍醐天皇(1288~1339年)ゆかりの如意輪寺(吉野町吉野山)で27日、同天皇の命日法要「後醍醐天皇忌」があった。同寺は10世紀初めの創建とされ、1336年に京都から吉野に逃れた後醍醐天皇が勅願寺に定めた。法要には、天皇に従い陵墓を守ってきた「地下(じげ)」の子孫や関係者ら約50人が参列し、遺徳をしの…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 新潟女性殺害 複数箇所刺され失血死 「合唱部で活躍」同級生惜しむ

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです