メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点@とっとり

幼児教育・保育の無償化 来月から制度変更 各自治体、対応の違い /鳥取

おいしそうにおかずをほお張る保育園児ら。副食費(おかず)は無償化の対象外だ=鳥取市のわかば台保育園で、阿部絢美撮影

統一ルール難しく 副食費原則負担

 安倍政権の看板政策の一つ「幼児教育・保育の無償化」が10月から始まる。「全額免除」の言葉が独り歩きしているが、認可保育施設ではこれまで保護者が負担してきたおかずやおやつなどの副食費(月平均約4500円)の世帯負担は変わらない。子育て世代の定住策の一環で独自の支援策を設けている自治体が県内にもあるが今回の国の制度変更に伴い、各自治体で対応が分かれ、保育の現場や家庭で混乱が広がっている。【阿部絢美】

 自動的に無償化の恩恵を受けるのは、認可保育園や幼稚園に通う全世帯の3~5歳、住民税非課税世帯の0~2歳児。共働き世帯などで自治体から保育の必要性を認められて認可外保育施設を利用する場合、3~5歳児は月3万7000円、住民税非課税世帯の0~2歳児も月4万2000円を上限にそれぞれ補助される。

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文967文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです