段ボール簡易ベッド体験 太宰府で「障がい者防災教室」 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 障害のある人たちに災害への心構えを持ってもらう「障がい者防災教室」が24日、太宰府市向佐野のとびうめアリーナで開かれた。当事者や家族、支援者ら約30人が参加し、避難所で使われる段ボール製の簡易ベッドを組み立て、横になる体験をした。

 市内の障害者団体でつくる市障がい者等災害時要支援者対策協議会(森口忠彦会長)が主催した。ベッドは床面から高さがある分、立ったり座ったりする動作がしやすく、避難所…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

あわせて読みたい

注目の特集