メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

零は飲酒運転に殺された 息子の「生」と「死」を生きる母の思い 交通事故遺族、鈴木さん講演 大分  /大分

県立看護科学大で

 秋の全国交通安全運動(30日まで)が始まっている。交通事故による全国の死者数は3500人を超える。酒を飲み、無免許で暴走した男に一人息子の命を奪われた神奈川県座間市の鈴木共子さん(70)が27日、大分市の県立看護科学大で講演した。【河慧琳】

 「事故から何年も過ぎているのに、今も事故現場に近づけないでいます」。鈴木さんは約100人の聴衆に向けて、静かに語り出した。

 2000年4月9日、鈴木さんの長男、零さん(当時19歳)は、友人と座間市の歩道を歩いていたところ、…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1071文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. GSOMIA継続 方針転換に輸出管理巡る日韓対話合意

  5. 羽生一問一答(2) 「曲に感情を入れると、ジャンプを跳ぶのが難しい」フィギュアNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです