メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関電原発幹部へ金品 福井・高浜町元助役、20人に3.2億円

記者会見する関西電力の岩根茂樹社長(中央)=大阪市北区で27日、梅田麻衣子撮影

 関西電力の岩根茂樹社長(66)は27日、大阪市内で記者会見し、岩根社長、八木誠会長(69)ら幹部20人が、高浜原発が立地する福井県高浜町の元助役、森山栄治氏(今年3月に90歳で死亡)から、2011~18年の7年間で総額3億2000万円分の金品を受け取っていたことを明らかにした。【杉山雄飛、宇都宮裕一、工藤昭久】

 高浜町の助役を1977~87年に務めた森山氏は、原発関連工事を請け負う建設会社から、工事受注にからむ手数料として資金を受領していたことが金沢国税局の税務調査で判明している。関電幹部が受領した金品の原資が、建設会社から森山氏に流れた資金だった可能性もある。岩根社長は「再発防止が責務」と述べ、社長職と電力大手10社でつくる電気事業連合会の会長職の辞任を否定。だが、多額の原発マネーが関電側に「還流」し…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文975文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  2. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 「刑務所に入れられても闘う。それが恩返し」 香港りんご日報創業者が語った決意

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです