メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国籍2.2万人就学不明 小中学生該当年齢 文科省調査

 文部科学省は27日、日本に住民登録し、小中学校の就学年齢にある外国籍の子どもの2割弱にあたる2万1701人が、学校に通っているかどうか分からない「就学不明」になっていると発表した。今年5~6月に実施した初の全国調査で明らかになった。また、小中高生などを対象に2年に1度調査している、日本語教育が必要なのに学校で指導が受けられない「無支援状態」の人数も1万1008人に達し、外国籍の子どもに対する教育体制が十分でない現状が浮き彫りになった。

 調査は全国の1741市区町村を対象に実施。今年5月1日時点で住民基本台帳に記載されている就学年齢の…

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです