メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費税10% 生活どう変わる

ポイント解説 増える税収の使い道は? 社会保障や少子化対策に

 消費税率10%への引き上げで増える税収は、幼児教育・保育の無償化のほか、大学や短大、専門学校、高専の授業料減免などに充てられる。高齢者向けが中心だった社会保障を子育て世代も含む「全世代型」に転換することで、政府は増税に理解を得たい考えだ。

 税率2%の引き上げで見込まれる増収分は約5・6兆円。このうち▽約1・7兆円を幼保無償化などの少子化対策▽約1・1兆円を低所得高齢者の暮らしを支援する社会保障の充実▽残る約2・8兆円を赤字国債の発行抑制など将来世代の負担軽減――に充てる。

 幼保無償化は10月から、全世帯の3~5歳児、住民税非課税世帯の0~2歳児を対象にスタートする。増収…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです