メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

北欧のマイナス金利=東短リサーチ・チーフエコノミスト 加藤出

 世界経済の減速が続く場合、日銀の黒田東彦総裁は10月に金融機関に課すマイナス金利をさらに引き下げる可能性を示唆している。それは、金融機関に対する事実上の増税である。その際に、彼らが負担を顧客の預金口座に転嫁せざるを得なくなるか否かが注目される。

 日本よりも深いマイナス金利政策が導入されている欧州では、実際それが広範囲に見られる。銀行間の競争が日本ほど激しくないこともあり、多くの企業の預金金利は数年前からマイナスに下げられた。最近は個人の大口預金にもマイナス0・75%などの金利を適用する動きが出始めた。

 現在北欧に出張中なのだが、個人の小口預金に毎月、五百数十円の口座管理料が課せられているという話も聞…

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです