メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

北欧のマイナス金利=東短リサーチ・チーフエコノミスト 加藤出

 世界経済の減速が続く場合、日銀の黒田東彦総裁は10月に金融機関に課すマイナス金利をさらに引き下げる可能性を示唆している。それは、金融機関に対する事実上の増税である。その際に、彼らが負担を顧客の預金口座に転嫁せざるを得なくなるか否かが注目される。

 日本よりも深いマイナス金利政策が導入されている欧州では、実際それが広範囲に見られる。銀行間の競争が日本ほど激しくないこともあり、多くの企業の預金金利は数年前からマイナスに下げられた。最近は個人の大口預金にもマイナス0・75%などの金利を適用する動きが出始めた。

 現在北欧に出張中なのだが、個人の小口預金に毎月、五百数十円の口座管理料が課せられているという話も聞こえた。これも事実上のマイナス金利だ。

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN所属事務所、直井由文の不倫報道を謝罪「本人も心から反省」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです