メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第10部 マルハニチロ/9 さよならベイスターズ

東京・大手町にあったマルハ本社ビルでは窓の明かりで文字を描き、リーグ優勝を祝った=マルハニチロ提供

 ハマの大魔神、佐々木主浩のフォークボールにバットが空を切ると、選手たちがマウンドに駆け寄り、監督の権藤博が宙を舞った。1998年10月8日、横浜ベイスターズは阪神甲子園球場で38年ぶり2度目のリーグ優勝を決めた。バックネット裏には、マルハ(現マルハニチロ)社長で球団オーナーの中部慶次郎(故人)とともに、万感の思いでその光景を見つめる球団社長の大堀隆(76)の姿があった。

 大洋漁業が山口県下関市を本拠地に球団運営に乗り出したのは49年。「そんなに年俸が高い選手をとるの?…

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1144文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです