メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 失った時、戻せない 「全ての子に就学機会を」 3年間不就学、イラン出身34歳

スピーチコンテストで「学校に行きたい」と訴えたナディさん=本人提供

 就学不明になっている外国籍の子どもの中には、学校に行きたくてもさまざまな事情で閉じこもっているケースも少なくない。来日後の3年間、どこの学校にも通えなかったイラン出身のナディさん(34)は「学校に行けない子が失った時間は取り戻せない。一人でも多くの子が就学し、勉強できる機会を作ってほしい」と訴える。【奥山はるな】

 ナディさんは6歳だった1991年8月に来日。両親はイランで食料品店を営んでいたが、イラン・イラク戦…

この記事は有料記事です。

残り1014文字(全文1222文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです