メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石綿損害「診断日」起算 高裁で初判断 国賠訴訟控訴審

判決後に記者会見をする、アスベストにより肺がんを患った男性=福岡市中央区の福岡県弁護士会館で27日午後1時38分、宗岡敬介撮影

 アスベスト(石綿)が原因で肺がんを発症した北九州市の70代男性が国に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が27日、福岡高裁であった。賠償金の利息に当たる遅延損害金の起算日が「労災認定日」か、それより前の「医師の診断日」かが争われたが、西井和徒(かずと)裁判長は「確定診断日が損害発生日」と判断し「労災認定日」と主張する国の訴えを全面的に退けた。

 石綿の健康被害について、国の責任を認めた2014年10月の「泉南アスベスト訴訟」の最高裁判決以降、…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです