離婚後の養育、年内に研究会 法務省

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 法務省は27日、父母が離婚した後の子の養育の在り方をテーマとする研究会を年内に発足させると発表した。離婚後も父母双方が養育に関わる「共同親権」を導入するかどうかが主要な論点の一つとなる。1年以上かけて議論し、法改正が必要との結論に至れば、法制審議会(法相の諮問機関)に諮問するとしている。

 親権は、監護権や教育権など親が子に対して持つ権利の総称。結婚している間は父母の…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

あわせて読みたい

注目の特集