メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

新たな学生支援制度の問題点 今回のゲスト 小林雅之さん

小林雅之・桜美林大学教授(右)とジャーナリストの森健さん=東京都千代田区で、根岸基弘撮影

 今年5月、「大学等における修学の支援に関する法律」が成立し、来年度から施行される。これまでにない規模の学生支援で、「大学無償化」法ととるむきもあるが、中身はそう単純ではない。制度の何が問題で、今後どうすべきなのか。小林雅之・桜美林大教授と森健さんが論じ合った。【構成・栗原俊雄、写真・根岸基弘】

支援規模の大きさ画期的 範囲の狭さなど欠陥多く

中所得世帯は対象外 制度設計にずさんさも

 森 今回の法は「大学無償化」と言われています。しかし内実は無償化ではなく負担軽減と言うのがふさわしい内容です。2008年の著書『進学格差』などでは高騰する教育費や公的負担の少なさを指摘されましたが、どう評価しますか?

 小林 金額的には画期的ですね。長い間改革されなかった日本の学生支援制度が大きく動き出します。日本は…

この記事は有料記事です。

残り3099文字(全文3449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです