メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号 関空橋衝突 船長書類送検 業務上過失往来危険疑い

 昨年の台風21号による強風で流されたタンカーが、関西国際空港の連絡橋に衝突した事故で、海上保安庁の関西空港海上保安航空基地は27日、事故を防ぐ適切な措置を取らなかったとして、当時の男性船長(41)を業務上過失往来危険の疑いで書類送検した。

 事故は昨年9月4日に発生。関空島の東約2・5キロで停泊していたタンカー「宝運丸」(2591トン)は、いかりを下ろしたまま強風で流される「走錨(そうびょう)」状態になり、連絡橋に衝突して大破…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 県警少年課 「パパ活」「ママ活」に待った! 県警少年課、ツイッターアカウント開設 投稿に「大変危険」返信 /埼玉

  3. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  4. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  5. 見る探る 記者が働いていた新宿ゴールデン街を歩く 知られざる昭和の空間と変化の波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです