メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「児童育成協会」審査体制が脆弱 内閣府指摘

 企業主導型保育事業の助成金詐取事件などが相次いだのを受けて審査業務を担う公益財団法人「児童育成協会」を調査していた内閣府は27日、同協会の審査体制の脆弱(ぜいじゃく)さが不正を引き起こしたとの結果をまとめた。また、内閣府の企業主導型保育事業の実施要綱も内容が不十分だったことを認めた。

 内閣府は同事業の審査や支給業務を委託する事業者を、新たに公募するこ…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. ヤフーとラインが「経営統合の検討」発表

  3. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです