メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女川に「サンマの秋」いまだ来ず 市場の社長「海がきれい過ぎる」

多くの来場者が列をなした昨年の「おながわ秋刀魚収獲祭」。今年も昨年同様、女川駅前のレンガ道で開く=女川町で2018年9月、百武信幸撮影

 宮城県女川町に“秋”が来ない。全国屈指のサンマ水揚げ量を誇ってきた女川港に、今年はまだ初水揚げがない。平成の約30年間で最も遅かった一昨年の9月20日も過ぎ、令和最初は10月に入る情勢だ。サンマの炭火焼きなどを振る舞う「おながわ秋刀魚(さんま)収獲祭」は予定通り29日に開催するが、昨季の冷凍ものを味わいながら旬のサンマを待つことになりそうだ。【百武信幸】

 「今は連絡を待つしかないが、10月になるだろうな」と女川魚市場の加藤実社長(69)は嘆く。昨年の初…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS 俳優・滝口幸広さん死去 34歳 共演者“仲間”たちが続々追悼「早すぎるって」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです