最後のコアラ英国へ 繁殖で貸し出し 大阪・天王寺動物園お別れ会開く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
集まった来園者の前で活発な姿を見せたコアラのアーク=大阪市天王寺動物園で2019年9月28日午後2時7分、野田樹撮影
集まった来園者の前で活発な姿を見せたコアラのアーク=大阪市天王寺動物園で2019年9月28日午後2時7分、野田樹撮影

 天王寺動物園(大阪市天王寺区)は28日、繁殖のため英国に貸し出されるコアラ「アーク」(雄、12歳)のお別れイベントを開いた。同園はコアラの飼育から撤退すると決めており、アークは最後の1頭だった。親子連れら約600人が詰めかけ、写真を撮ったり、メッセージを書いたりしてアークとの別れを惜しんだ。アークは輸送環境に慣れる訓練を積み、来月半ばに渡英する。

 イベントでは、担当飼育員の辻本英樹さん(40)が約30年にわたる同園のコアラ飼育を振り返るなどした。ユーカリの木に登ったアークを前に、「オーストラリアとほぼ同じ環境の中で、いきいきと生活させることができた」と喜び、「最後にこれだけ多くの人たちに見守られ、アークも幸せだ」と目を赤らめた。

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文447文字)

あわせて読みたい

ニュース特集