ドーハで開幕 女子マラソン谷本7位 男子100は日本選手3人全員準決勝へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
7位でフィニッシュする谷本観月=カタール・ドーハで2019年9月28日、久保玲撮影
7位でフィニッシュする谷本観月=カタール・ドーハで2019年9月28日、久保玲撮影

 陸上の世界選手権は27日、ドーハで開幕した。女子マラソンは市内の周回コースで行われ、暑さ対策で大会史上初の深夜スタートのレースとなった。日本選手は初出場の谷本観月(天満屋)が2時間39分9秒で7位だったのが最高で、日本勢として2大会ぶりの入賞を果たした。優勝はルース・チェプヌゲティチ(ケニア)。中…

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文345文字)

あわせて読みたい

ニュース特集