メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南ア戦とは意味が異なる番狂わせ 本気のアイルランド倒し「4年間の正しさ」証明

【日本-アイルランド】前評判を覆しての勝利を喜び合う姫野(中央)、福岡(同右)ら日本の選手たち。手前は肩を落とすアイルランドの選手たち=静岡スタジアムで2019年9月28日、藤井達也撮影

○日本19-12アイルランド●(28日・静岡スタジアム)=ラグビーW杯1次リーグA組

 大一番を前に、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は短い言葉で思いを伝えた。

 「『誰も勝つとは思っていない。誰も接戦になるとは思っていない。誰も僕らがどれだけ犠牲にしてきたか分からない。信じているのは僕たちだけ』というメッセージ。本当にその通りになった」。司令塔のスタンドオフ(SO)を担う田村優(30)=キヤノン=は興奮気味に振り返った。

 「番狂わせ」は2大会連続だが、意味合いは全く異なる。前回の2015年大会前は2分けを挟みW杯16連敗中。海外勢はノーマークだった。優勝2回の南アフリカを破った時は、海外メディアが「奇跡」「W杯史上最大の番狂わせ」と報じたが、今回のアイルランドはほぼベストの布陣だった。本気で牙をむいた強豪を倒し、4年間で鍛え上げた地力を証明した。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです