メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

スポーツ ラグビーW杯 心温まる日本の観戦文化

試合後、観客席の前に並び、深々とお辞儀をするニュージーランドの選手たち=横浜・日産スタジアムで21日

[PR]

小坂こさかだい 毎日新聞まいにちしんぶん 運動うんどう部長ぶちょう

 4ねんに1おこなわれるラグビーのワールドカップ(Wはい)が20はつか開幕かいまくしました。開幕戦かいまくせんでは日本にっぽんがロシアに30-10でちましたね。まだはじまったばかりですが、海外かいがい選手せんしゅ人々ひとびと心温こころあたたまる交流こうりゅう風景ふうけいがさっそくひろがっています。

     神奈川県横浜市かながわけんよこはましおこなわれたニュージーランドとみなみアフリカの試合後しあいごのことです。ニュージーランドは過去かこかいのWはい優勝ゆうしょうかいこん大会たいかいでは3連覇れんぱ目指めざしています。たいするみなみアフリカも優勝ゆうしょうかいと、こちらも強豪きょうごうこくです。決勝戦けっしょうせんでもかおわせそうなりょうチームのこうカードに6まん3649にんのファンがおとずれました。

     ニュージーランドはチームの愛称あいしょうが「オールブラックス」で、くろなジャージーが特徴とくちょうです。日本にっぽんのファンにもくろいジャージーを人々ひとびと大勢おおぜいいました。そして、23―13で勝利しょうりしたニュージーランド選手せんしゅ試合後しあいごいに、観客かんきゃくおおいにきました。観客席かんきゃくせき近寄ちかよって深々ふかぶかとお辞儀じぎをしたのです。

     試合後しあいご海外かいがい選手せんしゅ観客席かんきゃくせきったり、拍手はくしゅをしたりするのは見慣みなれた光景こうけいです。このお辞儀じぎ日本流にほんりゅうでしょう。それをこころみたニュージーランドのキーラン・リード主将しゅしょうは「観客かんきゃく応援おうえんしてくれ、愛情あいじょうかんじた。勝利しょうり態度たいどでおかえしをしたかった」とはなしました。大阪府東大阪市おおさかふひがしおおさかし花園はなぞのラグビーじょうで22にちおこなわれたイタリア―ナミビアせんでも、劣勢れっせいだったナミビアに観客かんきゃくから声援せいえんおくられ、りょうチームもまた観客席かんきゃくせきけ、お辞儀じぎをしました。

     いずれも日本にっぽんのファンがつくしたスタジアムの雰囲気ふんいき感銘かんめいけ、感謝かんしゃ気持きもちをあらわしたものです。ファンは自分じぶん応援おうえんしているチームだけに声援せいえんおくるのでなく、全力ぜんりょくくすプレーそのものをたのしみ、しみない拍手はくしゅおくっていました。

     わたしながいことスポーツを取材しゅざいしていますが、日本にっぽんのファンのいには感心かんしんさせられます。らいねん東京とうきょうオリンピック・パラリンピックでも世界せかいほこれる文化ぶんかでしょう。


     1968ねん東京都とうきょうとまれ。運動部うんどうぶでサッカーのワールドカップを2大会たいかい、オリンピックは夏冬なつふゆ大会たいかい取材しゅざいしました。5ねんかん、ニューヨーク特派員とくはいん趣味しゅみはマラソン。出前授業でまえじゅぎょうけています。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

    2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

    3. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

    4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

    5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです