メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

名古屋グルメ_昼も夜も楽しめる「御膳」に詰まったおもてなしの心『花ごころ 緑苑』/名古屋エリア限定情報(83)

情報提供:まとメシ

創業は昭和43年。 リニューアルしたのが8年前にリニューアルし、当初は煮物などのおばんざいや煮魚などの家庭料理が中心だったが、本格的な和食が楽しめる店に。 そんな『花ごころ 緑苑』の、人気御前の数々を紹介しよう。

nagoyatitle-01_main_1568987579

昼も夜も楽しめる「御膳」に詰まったおもてなしの心『花ごころ 緑苑』


豪華なモーニングが物語っているように、名古屋の喫茶店はコーヒーを飲みに行くというよりは、食事が目的だったりする。

実際、ファミレスよりもフードメニューが充実している喫茶店もある。

mato_nagoya_083_image1_1568987635
名古屋市緑区にある和食店『花ごころ 緑苑(りょくえん)』も、かつては地元の常連客に愛される喫茶店だった。

mato_nagoya_083_image2_1568987658
「喫茶店は私の母が開店させました。創業は昭和43年、今年で52年目になります。
和食店にリニューアルしたのが8年前ですね。
当初は母が作った煮物などのおばんざいや煮魚などの家庭料理が中心でしたが、今では本格的な和食をお楽しみいただけます」と、話すのは店主の伊藤嘉美さん(※写真中央。左が伊藤さんの母、富子さん、右が料理長の浅岡友貴さん)。

mato_nagoya_083_image3_1568987705
店内に入ると、カウンターの上に並べられた日替わりのおばんざいが目を引く。

どれもていねいに作ってあり、見ただけでお酒が飲みたくなる。

では、その一部を紹介しよう。

mato_nagoya_083_image4_1568987731

「たこと大根の柔らか煮」(600円)。

魚介や野菜は、嘉美さんが柳橋と日比野の市場で仕入れた旬のものを使用している。

mato_nagoya_083_image5_1568987756
定番のおばんざい、「鶏肝煮」(600円)。

鶏の体内で成長途中の卵、いわゆる“きんかん”もたっぷり入る。

mato_nagoya_083_image6_1568987786
こちらもおばんざいの定番、「いわし梅煮」。

いわしの旨みと、ほのかな梅の酸味にお酒がすすむ一品。

mato_nagoya_083_image7_1568987816
旬の松茸は「土瓶蒸し」(850円)や「天ぷら」(1000円)、「焼き松茸」(1000円)の中から好みの調理法で。

「松茸と和牛の朴葉焼」(1800円)も人気。

mato_nagoya_083_image8_1568987848
ここに来たら絶対に注文したいのは、昼も夜も楽しめる10種類の御膳。

なかでも人気なのは、旬の食材をふんだんに使った月替わりの「和楽膳」(2500円※昼は2300円)。

mato_nagoya_083_image9_1568987882
では、この日の内容を紹介しよう。

まずは八寸。

写真奥の左から時計回りに、「南京豆腐蟹添え」、「蕪とがんも炊き合わせ」、「太刀魚アーモンド揚げ」、「しらす明太子おろし」、「鴨ロースサラダ」、「秋茄子の朴葉味噌焼き」、「法蓮草菊花浸し」の7品。

どれも食材の持ち味を引き出した繊細な味付けだ。

mato_nagoya_083_image10_1568987914
次はお造里。

この日は、マグロとサーモン、イカの三種盛。

サイズこそやや小さめだが、この値段でお造里まで付くのは嬉しい。

mato_nagoya_083_image11_1568987946
椀物は、「鱧真丈と松茸のお椀」。

旬の名残と走りを一つの料理に仕上げた料理長渾身の一品。

シンプルだが、それぞれの旨みを存分に堪能できる。

mato_nagoya_083_image12_1568987979
食事は、秋の味と香りを凝縮させた「銀鮭と木の子の炊き込み御飯」。

これも、食材そのものの味が堪能できる上品な味わい。

mato_nagoya_083_image13_1568988013
この日のデザートは、「ブルーベリームース」。

こちらも甘すぎず、食事の締めくくりにぴったり。

mato_nagoya_083_image14_1568988041
「和楽膳」に次いで人気なのは、「煮魚御膳」(1700円※昼は1500円)。

内容は日替わりで、市場で仕入れた旬の魚を使用している。

この日は、天然鯛のかぶと煮。

mato_nagoya_083_image15_1568988068

「この大きさにお客様は驚かれますね。
名古屋らしく甘辛い味付けに仕上げています。御飯がすすみますよ」(伊藤さん)



巷の和食店では、夜の営業は食事よりもお酒がメインになりがち。

しかし、ここはおばんざいを肴にお酒も楽しめる上にリーズナブルな価格で食事も楽しめる。

しかも、おばんざいも御膳も本格的な和食である。

客のニーズにとことん応える店の姿勢に喫茶店として営業していたころからの、「おもてなしの心」が今もなお続いていると感じた。




mato_nagoya_083_image16_1568988177 花ごころ 緑苑
[住所]愛知県名古屋市緑区曽根2-156
[TEL]052-624-2351
[営業時間]11時半~14時半、17時~21時半
[定休日]月曜、第3火曜









永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

関連記事

「芋焼酎 かのか」と相性抜群のおつまみに酔わされた! 新宿・思い出横丁で“かのか散歩”にチャレンジ


情報提供:まとメシ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  3. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

  4. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです