メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

噴火5年・御嶽山は今

剣ケ峰、安全対策に不安 手すり壊れた急階段、祈とう所施錠 /長野

噴石対策で強化した御嶽神社頂上奥社の祈とう所=長野県木曽町の御嶽山頂で

 死者58人、行方不明者5人を出した戦後最悪の火山災害、御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火から丸5年の27日、木曽町側頂上の剣ケ峰は、噴火時と同じく青空が広がり、登山者でにぎわっていた。取材をしながら「もし今、噴火したら、助かるのだろうか」と、5年前のような最悪の事態が頭をよぎった。【島袋太輔】

 「遠くに見える美しい自然はあの時のまま。ただ、目を落とすと噴火で変わった部分もある」

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  2. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  3. オンライン「人狼ゲーム」に数万回投稿 偽計業務妨害容疑で高校生書類送検

  4. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  5. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです