メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボーダレス・エリア芸術祭 見る、聴く、触る300点 歴史の街に6会場 近江八幡 /滋賀

ブルーシートで覆われた高さ4メートルの「やさしい手」も展示=近江八幡市博労町上の岡田家空き地で、蓮見新也撮影

11月24日まで

 伝統的な建物群が残る近江八幡市の旧市街で、視覚や聴覚、触覚などの「知覚」を生かして多様な表現を楽しむ芸術祭「ボーダレス・エリア近江八幡芸術祭『ちかくのたび』」が開かれている。アーティスト16組が出展した作品約300点が市内6会場に展示され、歴史とアートの「共演」が見る者を魅了している。11月24日まで。【蓮見新也】

 障害があってもアートを楽しんでもらえる空間を演出しようと、「ボーダレス・アートミュージアムNO―M…

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文956文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  3. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  4. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  5. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです