メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

特殊詐欺の被害なくすには? /和歌山

「すり替え」、「電子マネー」が多発 すぐに対応せず落ち着いて行動を

 なるほドリ 特殊詐欺の被害が後を絶たないね。被害をなくすのは難しいのかな?

 記者 県警生活安全企画課によると、先月末現在の県内の被害件数・金額は21件・3260万円。前年同期比で14件・1億5500万円減と、大きく減ってはいます。しかし、詐欺の手法は刻々と変化しています。

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1081文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で過去最多2686人の感染確認 新型コロナ 2500人超えは3日連続

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. 高橋大輔3位 アイスダンス転向後初の公式戦 フィギュアスケートNHK杯

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです