メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歩む

北九州市立大教授 中武繁寿さん(50)=小倉北 技術の変遷対応を /福岡

中武繁寿さん

社会人向けIT教育プログラム開講

 ITの発展で、あらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」や人工知能(AI)などの言葉に触れる機会が増えている。地元中小企業のIT導入を支援しようと、5大学による社会人向け教育プログラム「enPiT―everi(エンピット エブリ)」が今春、本格開講した。代表校の北九州市立大で、20年先を見据えた人材育成に取り組む。

 プログラムは文部科学省が2017年度に事業採択した。市立大は九州工業大、熊本大、宮崎大、広島市立大…

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文901文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです