メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歩む

北九州市立大教授 中武繁寿さん(50)=小倉北 技術の変遷対応を /福岡

中武繁寿さん

社会人向けIT教育プログラム開講

 ITの発展で、あらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」や人工知能(AI)などの言葉に触れる機会が増えている。地元中小企業のIT導入を支援しようと、5大学による社会人向け教育プログラム「enPiT―everi(エンピット エブリ)」が今春、本格開講した。代表校の北九州市立大で、20年先を見据えた人材育成に取り組む。

 プログラムは文部科学省が2017年度に事業採択した。市立大は九州工業大、熊本大、宮崎大、広島市立大の4校と共に基礎~応用の36科目を開講。各地域に根付く製造業、自動車産業、介護、農林畜産、観光の5産業を想定し、ビデオ講義やオンライン演習を提供する。「一つの大学院ができたと言ってもいい規模」と胸を張る。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文901文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです