メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

郷くんちの魅力 「長崎くんち」だけじゃなか 農漁村の歴史、脈々と継承 /長崎

 長崎の秋を彩る「くんち」。国指定重要無形民俗文化財でもある諏訪神社(長崎市上西山町)の「長崎くんち」だけでなく、長崎市内や近隣自治体には、各地で「郷(さと)くんち」と呼ばれる郷土芸能がある。数ある郷くんちの一部から、その魅力や伝承への取り組みを紹介する。【今野悠貴、松村真友】

途絶えて再興中学生に希望 樺島ハイヤ節 長崎市野母崎

 「サアサ ヨイヨイ」。長崎市野母町の市立野母崎中で27日、1年生18人が、踊りながら高く澄んだ声を響かせた。軽快な三味線に合わせて、腰を振ったり、輪になり網を引く仕草をしたり。「ニコッとしてね」。指導する樺島ハイヤ節の保存会メンバーの声に、生徒たちが笑顔で応えた。

 保存会の森貞雄会長(75)によると、樺島ハイヤ節は江戸時代中期、天草灘に面する漁村だった樺島で、祝…

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

  5. 平手打ちや蹴り 小学女子バレー監督が体罰か 日小連が再調査指示 大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです