メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

第56回点字毎日文化賞が決定 「視覚障害をもつ医療従事者の会」

[PR]

 視覚障害者の福祉、文化などの分野で貢献した個人や団体を表彰する「第56回点字毎日文化賞」は、「視覚障害をもつ医療従事者の会(ゆいまーる)」(代表・守田稔医師)に決まりました。

 視覚障害のある医師や看護師、理学療法士ら医療従事者が正会員で、情報や経験の共有などを主な目的に活動しています。代表は2003年に全盲で初めて医師国家試験に合格した守田さん(43)=大阪市浪速区。精神科医としての守田さんの活躍は、同じように人生の途上で視覚障害となった医師らに影響を与え、「つながり」「助け合い」の意味を持つ沖縄の言葉「ゆいまーる」を愛称とする医療従事者の交流組織につながりました。

 今年6月からは「点字毎日」で月1回、会員の精神科医らが交代で執筆する連載「ゆいまーるのこころだより」を始めるなど、外に向けての発信も強めています。

 表彰式は10月23日、毎日新聞東京本社で。賞状と記念盾、副賞の中村京太郎賞(置き時計)、日本盲人福祉委員会奨励賞(30万円)を贈ります。毎日新聞社

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  2. 都知事選、投票始まる 最多22人立候補、夜に大勢判明

  3. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  4. コトバ解説 「心肺停止」と「死亡」の違い

  5. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです