メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

東日本大震災からの復興 コンクリートより人だ=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

=宮間俊樹撮影

 三陸の釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムで開催された、ラグビー・ワールドカップのフィジー対ウルグアイ戦の帰路に、この原稿を書いている。筆者は、イベントの混雑はもちろん、繁盛店の行列も避ける習性だが、今回は縁あって、被災地の現況を視察しラグビーを観戦するツアーの主催者側として、観客席の片隅に座った。

 爽やかな秋晴れの下、小柄な選手も多いウルグアイが巨漢ぞろいのフィジーを破るスリリングな展開を堪能し…

この記事は有料記事です。

残り1551文字(全文1753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです