ソウル市長インタビュー 「自治体交流、回復を」 日韓関係改善に前向き

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える朴元淳ソウル市長=ソウルで2019年9月27日、渋江千春撮影
インタビューに答える朴元淳ソウル市長=ソウルで2019年9月27日、渋江千春撮影

 朴元淳(パクウォンスン)ソウル市長が27日、毎日新聞などのインタビューに応じた。悪化する日韓関係について、朴氏は「地方自治体の交流、民間交流は回復すべきだ」と述べた。

 ソウル市は東京都と姉妹都市提携を結んでいる。ソウル市は8月、日本政府が輸出手続きを優遇する対象国「グループA(ホワイト国)」から韓国を除外すると決定したことを受け、日本の自治体との交流について「慎重に検討する」との立場を示していた。

 朴氏は来年の東京五輪についても、ソウル市が北朝鮮の平壌市と共同での2032年の夏季五輪誘致を目指していることに言及した上で「オリンピックが成功するよう、アジアの都市間で協力すべきだ」と22年に冬季五輪が開かれる北京市を含めた連携の必要性を強調した。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文796文字)

あわせて読みたい

注目の特集