メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

赤ひげ先生、自ら地域の中へ(その2止) 必要な医療届ける

東日本大震災で被災した福島県楢葉町の船迫藤子さん(右)を診察する医師の本田徹さん=同町の町営住宅で7月4日、田倉直彦撮影

 

 ◆途上国に、ドヤ街に、被災地に

問診で心通わせる

 福島県広野町にある高野(たかの)病院(社本博院長)の医師、本田徹(とおる)さん(72)は、外来や入院患者の診察に加え、近隣に住む高齢者ら約10人の訪問診療をしている。7月初旬、記者も同行して、看護師が運転してくれる軽乗用車に乗り込んだ。本田さんお気に入りのビートルズの曲がかかっていた。スーツにネクタイを着用しているのは、「患者さんに失礼のないように」との配慮からだ。阿武隈(あぶくま)山地の山々と道沿いの木々や田畑が車窓に流れた。

 広野町の長久保敏江さん(77)は、原発事故で県内の避難施設などを転々とした。3年前に戻り、町営住宅…

この記事は有料記事です。

残り4699文字(全文4991文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです