メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

テレビ番組出演終了 いつから「卒業」と言い出した?

=松尾貴史さん作

 9月23日、セミレギュラーで出演していたMBSの情報番組「ちちんぷいぷい」の最後の出演を終えた。そういう契約があるわけでもなく、決定的な要因があるわけでもなく、スケジュールやその他の諸条件でそうなるのだけれど、辞める時の事情はさまざまだ。

 もちろんというか、今回は極めて円満な経緯なのだけれども、番組から去るときはやはり愛着もあるので一抹の寂しさは人並みに感じる。だから、単にいつものようにすんなり帰って、時が過ぎてから「そういえば最近出てないなあ」と思い出すくらいがちょうどいいのだけれども、なぜか人というものは額縁のようなものをつけたがるもので、ほとんどと言っていいほどに、残る出演者の代表かスタッフの一番偉い人から花束を渡される。

 善意であることは承知だし、最小限の礼儀としてこの風習があるのだろうけれども、どうにも苦手だ。特に花…

この記事は有料記事です。

残り1212文字(全文1581文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  4. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

  5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです