メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

糖質オフの時代にインパクト はなまる史上初 ご飯を盛った「麻婆丼うどん」販売

10月1日から全国のはなまるうどんで発売される「麻婆丼うどん」=はなまる提供

 うどんチェーン店「はなまるうどん」を展開する「はなまる」(東京都中央区)は10月1日から「四川風 麻婆(マーボー)丼うどん」(小590円、中690円、大790円、いずれも税抜き)を発売する。麻婆豆腐とあんかけをトッピングしたうどんに、米も入れた商品という。2001年創業の同社が、うどんの丼の中に米も盛りつけた商品を全国発売するのは初めて。

 同社広報担当によると、過去にも「麻婆あんかけうどん」を期間限定で発売していたが、社内で「これにご飯を入れたらおいしいのではないか」という声が上がり、実際に社員が試食したところ好評だったことから商品化が決まった。うどんと米を同じ丼に入れた商品は過去に、東京都内の1店舗のみで、持ち帰り限定の「カレーうどん丼」を数週間、販売していたことはあったが、こうした商品を全国で販売したことはなかったという。

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  5. 本との出会いで自分がちょっとずつ変わっていく 乃木坂46・高山一実さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです