メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ヤフーとLINE、経営統合へ

災害に強い液体ミルク、メーカーがPRに本腰 北海道地震では配布ためらう自治体も

江崎グリコの液体ミルク試飲会に参加した母子ら=札幌市中央区で2019年9月3日午後0時37分、高橋由衣撮影

 乳児用液体ミルクは常温保存可能で、断水や停電でお湯が使えない災害時も使いやすい。一方、昨年9月の北海道胆振東部地震では外国製品しかなく、安全性や使用方法の周知が不十分だったこともあり、被災地で活用されなかった。国内製品の販売が今春から始まり、メーカーは需要増を目指してPRに本腰を入れている。【高橋由衣】

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1168文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  3. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 梅毒 患者、48年ぶり6000人超 出会い系アプリ一因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです