メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出場国つなぐ友好のハーモニー 「横濱シスターズ」国歌をメドレーに ラグビーW杯

「横濱シスターズ」の(左から)サチ、マホ、ミワの3人=横濱シスターズ提供

 横浜を拠点に活動する女性3人のボーカルグループ「横濱シスターズ」が、ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の出場国・地域の国歌や愛唱歌をメドレーにして歌っている。世界中から横浜を訪れるラグビーファンを歓迎する思いと、スポーツを通した世界平和への願いを込めた。動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。【石塚淳子】

 横濱シスターズは、横浜市内のボーカルトレーニングスクールで出会ったマホ、サチ、ミワの3人が2015年に結成した。レパートリーはジャズ、ポップスからハワイアン、昭和歌謡まで幅広い。今年6月の横浜開港祭に出演するなど、横浜市内を中心にイベントに参加したり、ライブ活動をしたりしている。それぞれの個性を生かした3人のハーモニーが多くのファンに愛されている。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 19日開幕に影響懸念

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. ポストコロナの世界 「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです